被害を拡大させないためにも早めのハチ退治を依頼しよう

確実に退治しましょう

蜂

キイロスズメバチはむやみに近づくと、命に関わることとなりますから、業者の力を借りて確実に駆除を行いましょう。また、多くの市町村では、補助金制度や道具の貸出を行っています。申請方法も簡単ですから、駆除を行う前にホームページなどで確認しましょう。プロの業者の力や市町村のサービスをうまく活用しましょう。

More Detail

どうやって追い出すのか

ハチ

中には人を襲ったりしないハチもいますが、基本的には危険な虫にあたります。自宅の近くや人が通る場所にハチの巣が出来てしまったら専門の業者に駆除を依頼しましょう。複数の業者の相場を比較してみるのが重要です。

More Detail

サポート体制が充実

ネズミ

ねずみ駆除の専門業者に駆除を依頼する場合は、サポート体制をチェックしましょう。24時間受け付けをしている業者は、忙しい方も相談しやすく便利です。また、駆除後に再度ねずみが侵入していないか、点検してくれる業者もあります。

More Detail

害虫駆除にあたっての知識

蜂

ハチ退治は、その住処である巣を駆除することが大切になります。ところで、ハチの巣がどうやって作られるかは知らない人も多いのではないでしょうか。巣は、冬を越し春になって目覚めた女王バチが、まずは単体で作り出します。その後次々と働きバチが生み出され、数は増えていきます。これらの個体は巣作りに参加し、個体が増えれば増えるほどその巣は大きくなっていくのです。そのため、巣が大きいということはそれだけハチが多くいることが推測され、危険であるということです。巣は、夏から秋のシーズンにかけて最も大きくなります。つまり退治は、このシーズンを迎えるまでの期間、まだ巣が小さいうちに行うことで被害の危険性を低くすることができるのです。

退治は自分ですることもできますが、危険性や効果などを考慮すると、専門家にしてもらったほうがよいでしょう。しかし、初めての場合はどこに頼んだらよいか、わからないこともあります。そこで行いたい工夫としては、役所や保健所へ相談することです。これらは、ハチ退治に関して、無料で相談を行っています。自治体によっては、退治作業を自ら行っているところもありますし、していないところでも業者の紹介や退治費用の補助などをしてくれる場合があります。また、マンションの住人の場合は、まず管理人に相談しましょう。マンションで発生したハチについては、その管理人に責任があるからです。ハチや巣を見かけたら早いうちに連絡することで、管理人も業者依頼など早めに行動を起こすことができ、被害を防げます。

Copyright © 2017 被害を拡大させないためにも早めのハチ退治を依頼しよう All Rights Reserved.